債務整理のメリット・デメリットを徹底調査【債務整理完全丸わかりガイド】

債務整理のメリット・デメリットを徹底調査【債務整理完全丸わかりガイド】

MENU

220万円の借金を116万円にナゼ減額できたのか?その方法を教えます!

 

ローン地獄で詰んだしまった人生の立て直し方を

こっそりあなたに教えます!

 

 

最初はちょっとだけ借りようと思ったんです。
たったの4万円です!

 

毎月の返済額も5,000円程度でしたから、
すぐに返済できるとタカをくくっていたんだと思います。

 

 

初めは順調に返済していましたが、時々気の緩みで、返済日が過ぎてしまうこともありました。

 

 

そしてその後も
”ちょっとだけならいいかっ!”
と調子に乗って、追加で5万円、7万円と借りていきました。

 

そして、とうとうヤミ金にまで手を出す始末、、、

 

 

さすがに毎月の返済もキツくなり、返済のためにまた借りて、、、と、自転車操業に陥ってしまったのです。

 

 

 

▼私が借金生活から抜け出した方法とは?▼

 

 

毎月の返済額が大幅に減額!12万円が4万円に

 

信販系や消費者金融といった複数先から借り、雪だるま式に膨れ上がっていた借金、220万円!

 

 

”どうにかしない・・・”といけないのはわかっています!だけど、もうこれ以上お金を貸してくれるところはありません。

 

破産するしかないのかと、詰まっていたそんなある日、、、

 

 

たまたま見かけたあるサイトで「あなたの借金減額されるかもしれません」の文字が飛び込んできたのです。

 

 

即効、ダメ元で相談、、、

 

・・・結果、毎月の返済額12万円が4万円に。

 

8万円も減額できたのです!!

 

 

 

その方法は、、、
任意整理です。

 

弁護士の先生と相談して決めましたが、ベストな選択ができたと思っています。

 

 

支払期間は延びてしまいましたが、金利が0円になったことで、無理なく払える範囲になりました。なにより、ヤミ金での貸金契約が無効になったことが、一番大きかったかもしれません。

 

 

素人がお金の問題を解決するには
無理があります!

 

専門家に相談してください!

 

 

相談することで、

 

  • 借金減額が可能かわかる
  • 過払い請求の確認
  • ご自身の状況に合ったベストな解決策がわかる

 

これだけのメリットがあります。

 

 

その借金、どれくらい減らせれるのか、調べてみるといいかもしれません。

 

 

「スマホからたった3分程度の入力で申し込みできて、専門家が診断してくれる」

 

 

 

 

 

無料借金減額診断の流れ

 

まず、順番に3つの質問に答えます。

 

  1. 借入金額
  2. 借入期間
  3. 返済

 

 

その後以下の質問に答えるだけです。

 

 

実名も住所も不要。もちろん「減額診断」は無料です。スマホから3分程度の入力で、あなたの人生が変わるかもしれません。

 

 

たった、3分で返済額を減らせる可能性があるかもしれないのです。

 

 

匿名で診断できます!

 

 

追伸:その後の人生が一変しました!

 

あの悶々と過ごしていた悪夢のような日々から解放された、その後の生活ですが、大きく変わったことがあります。

 

それは・・・
「お金の管理ができるようになった」こと。

 

 

弁護士の先生からのアドバイスで「簡単でいいから、お小遣い帳をつけてください」と言われたのですが、つけることでいかに無駄遣いが多いのかが、よくわかりました。

 

考えてみると、小学生の頃はつけていたんですよね。

 

 

このように、いろんなアドバイスをしてくれます。

 

そんなことは、わかっている”・・・と思うようなことでも、
継続するのは大変なことです。

 

 

普通の日常生活を取り戻しましょう!

 

 

 

▼借金生活から抜け出した方法とは?▼

 

 

減額診断スタート >>

 

 

 

借金する理由はいろいろある

 

基本借金はしたくないものですが、住宅や自動車、学資金などある程度大きな買い物やサービスを利用するためにはお金を借りるしかないこともあります。

 

利息はかかるけど、家族の将来のために必要なのである程度のリスクは仕方ないというわけです。あるいは単純にブランド物を手に入れたいとか、遊ぶお金が欲しいという理由で貸金業者に手を伸ばす人もいます。

 

一方もっと切実な理由で、例えば普段の生活費が給料だけでは足りないのでお金を借りると言う人もいるでしょう。

 

ちなみに借金というイメージはあまりないかもしれませんが、レジットカードでのショッピングも借金の一種です。自分のお金をその場で払わずに、カード会社に立て替えてもらって後で払うわけですから借金なのです。

 

このようにわたしたちが借金を抱えるようになる理由はいろいろです。

 

そして強調しておきたいのは、借金そのものは悪くなく、場合によっては必要なことも便利なこともあるということです。賢く使えば便利です。

 

でもいずれにしても気をつけなければならないことがあります。それは債務過多です。

 

借金が膨らみすぎて返せないとか、無計画な借入れをしたせいで借金返済が追いつかないといった理由で借金地獄に陥る人がいます。その結果生活が成り立たなくなったり苦しむ人は少なくありません。

 

債務が膨らむ原因とは?

 

返済に苦しむまでに借金がかさんでくるのはなぜでしょうか?

 

まず大きな原因となるのが、無計画な借入れです。財布の中にある自分のお金であれば、どんどん減っていくのが目に見えて分かるので買い物欲にストップがかかりやすいです。

 

また利息計算をよく分かっていない人は、元金の返済だけ意識して、気がついたらかなりの額の利息がついてしまって返済がおぼつかないというパターンもあるでしょう。借入れ先や金融商品によって金利はかなり変わります。

 

すぐに借入れすることばかりを考えて利息をあまくみると痛い目にあうでしょう。金利に関して言えば、少し前まで「グレーゾーン金利」という悪しき金利設定がありました。

 

現在では最高でも20%までの金利ですが、以前は29.2%を超えない範囲までの金利を設定する業者が横行していました。

 

実は前々から「利息制限法」が金利を「15%〜20%」と定めていましたが、それを超えても「出資法」が定める29.2%をオーバーしなければ「刑事罰」はありませんでした。それでこの2つの法律の合間をぬったいやらしい金利設定を多くの業者がしたため、かなりの人が高金利での利息を払っていたのです。

 

最近「過払い金」という言葉をなにかと耳にしますが、これは基本的にグレーゾーン金利で支払いすぎたお金のことを指しています。今では金利が以前よりも適正範囲におさえられたとはいえ、借入れ額や借入期間によっては利息地獄に陥る可能性がまだまだあります。

 

債務についてもう少し説明すると、「多重債務」という状態に陥る人もいます。これは1つの金融業者からではなく、複数の業者に対して債務が発生している状態を指します。

 

このように債務が膨らんで返済できなくなるケースはいろいろです。

 

ではもし返済が難しくなっていよいよ生活が成り立たないという状態になったらどうしたらよいでしょうか?実はそういう場合には、法律で定められている解決方法が役立つことがあります。

 

債務整理って何?

 

債務整理とは簡単に言えば、借金に苦しんでいる人がその負担を軽くしたり無くしたりするための一定の手続きのことです。

 

その方法はおもに「任意整理」「民事再生」「自己破産」の3つがありますが、上記の過払金の請求も含められることがあります。

 

この最後の過払い金請求はうまくいけばかなりの額が返ってきますので、帰ってきたお金でいろいろ立て直すことも可能でしょう。

 

多くの法律関連の会社がこの過払い金請求について宣伝をしているので、簡単な無料のシミュレーションをして現在の自分の状況を確かめると良いでしょう。

 

さて債務整理はこの他にも3つのタイプがあると書きましたが、それぞれのタイプには特徴があって、債務を抱えている人によってどれが一番いいかは変わってきます。

 

弁護士などの助けを得てベストな方法を見定めることができますが、ある程度自分でも知識を蓄えておいたほうが良いので、それぞれのタイプについてざっくりと見てみましょう。

 

「任意整理」はどんなタイプの債務整理?

 

任意整理の細かい情報については別の記事で書きますが、これは簡単に言うと交渉して借金を減らすという整理方法です。

 

債権者相手に交渉というとなんだか気後れしてしまいそうですが、専門家の力を借りて行うことができます。任意整理は借金を完全になくしてしまうことではありません。

 

基本的に返済は続いていくという前提で進められます。しかし発生した利息や延滞による遅延損害金などをなくしてもらったりすることで将来の返済がだいぶ楽になります。

 

もし過払金があったのであればその請求も交えながら負担をカットしてゆけます。こちらの手続きは裁判所などで仰々しい手続きをする必要はありません。

 

弁護士を介して迅速に行っていけます。「借りたものはある程度きっちりと返したい、でも無理なく行いたい」という人にはよい債務整理の方法です。

 

ちなみに任意整理は交渉する債権者を選択できるという特徴があります。自分が任意整理ができるのかどうかをおおまかに判断したい場合は、無料の相談をしてくれる司法書士事務所などに連絡を取ったり、無料のシミュレーターサイトなどを利用すると良いでしょう。

 

任意整理では借金がなくなるわけではありませんが、多額の借金を抱えたことがある人なら知っているように、利息の支払いがカットされるだけでもかなり負担は減ります。

 

ある程度の収入があって一定の返済を続けていけるのであれば、この任意整理を選択肢に入れてみるとよいでしょう。

 

任意整理は、債務整理の中では一番生活苦の度合いが低い場合に行われるステップです。

 

「民事再生」はどんな債務整理方法?

 

もし任意整理で借金の減額計算をしてもまだ返済が難しい場合には、もう少し踏みいったステップである「民事再生」を行うことも可能です。

 

民事再生は「個人再生」と呼ばれることもあります。任意整理と個人再生の中間くらいのステップとして「特定調停」というものもありますが、これはあまり採用されてないといわれているのでここでは割愛します。

 

さてこの個人再生ですが、後で書く「自己破産」というステップまではいきたくない人や、住宅ローンをかかえているけど住宅を手放さずに借金の減額をお願いしたい人などのケースで役立ちます。任意整理と自己破産の中間のステップというイメージ持つと良いでしょう。

 

ちなみに住宅ローンのほうは減額されないのでそこは注意です。

 

民事再生は任意整理と違って地方裁判所を通して申し立てを行います。誰でも好きなだけ利用できる制度ではありませんが、裁判所が申立人の支払い能力などを精査してOKのサインを出せば民事再生を受けられます。

 

手続きが無事すめば元本を含めてかなりの借金が減額れたりするので、借金に苦しむ人には大助かりになります。

 

「自己破産」とはどんな手続きか

 

 

次に自己破産の手続きについて簡単に見てみましょう。自己破産とはどんな仕組みでしょうか?

 

まずしばしばある誤解を正すと、自己破産すると家族が全員悪影響を受けるとか、国外旅行に行けなくなるなどその後の人生に大きな制限が加えられるといったことはありません。

 

自己破産が成立すると、借金を免除してもらう事ができます。任意整理や民事再生が借金の減額なのに対して自己破産は免除なので、こちらのほうがベストと感じるかもしれませんが一部の財産以外はすべて失うことになります。

 

ですから借金はゼロになるけど財産もほとんどなくなるという状態になるのです。借金だけなくして財産は残すという都合の良い方法ではありません。借金にいたる理由は様々とはいえ、誰かからお金を借りている以上返すのは当たり前です。

 

しかし返済能力が乏しいか無い場合には、法律で保護されたこうした制度を使って借金問題を解決することができますが、家や車などある程度の価値があるものは没収されていきます。

 

ですから借金苦から解放されるメリットも考えるべきですが、持っている財産、中には苦労して手に入れた財産も手放さないといけないということもよく考えるべきです。ゼロからのスタートと言えば聞こえが良い場合もありますが、決して順風満帆になる保証はありません。

 

とはいえ一生自己破産者としてレッテルが貼られるとか、周囲から冷たい視線が向けられる、まっとうな職業には就けないというわけではないので、もし本当に必要であればこのステップを踏むことはできます。

 

手続きに関しては地方裁判所に申し立てをする必要がありますが、弁護士などの専門家を通してであれば極端に難しい事はありません。ただ弁護士費用が発生することには注意が必要です。

債務整理をする際は慎重に

 

ここまで簡単に債務整理のいくつかのタイプを見てみました。

 

任意整理、特定調停、民事再生(個人再生)、自己破産など様々ですが、それぞれのタイプの基本的な特徴をおさえておくことは大事です。


 

ここまで簡単に債務整理のいくつかのタイプを見てみました。任意整理、特定調停、民事再生(個人再生)、自己破産など様々ですが、それぞれのタイプの基本的な特徴をおさえておくことは大事です。

 

上述のように生活困窮の度合いによってとるべき手続きは変わってきます。通常は任意整理、特定調停、民事再生、自己破産の順に困窮度が深刻になった状態です。

 

それぞれの場合に応じて根拠になる法が異なり、民法や利息制限法、出資法、特定調停法、民事調停法、民事再生法、破産法などが適用されます。

 

当然法律の知識があまりない一般人にこれらのすべての法律を把握するのは難しいので、自分の債務状況によってどれがベストな選択なのかを専門家に相談する必要があります。