クレジットカードでの借金問題はどうやって解決する?

MENU

クレジットカードでの借金問題はどうやって解決する?

クレジットカードの落とし穴とは?

クレジットカードでの借金問題はどうやって解決する?

クレジットカードはとても便利なツールです。カード1枚持っていればいろいろな特典があります。ポイントがついたり公共料金の支払いができたり、旅行保険がついたりしています。また現金を持ち歩かなくてもどこでも好きなようにショッピングができるという使い勝手の良さも魅力です。

 

しかもクレジットカードにはキャッシング機能をつけることもできます。キャッシングとはATMなどを使ってお金を引き出す機能です。消費者金融などのカードローンと似ていて、限られた限度額の中で必要な時に現金を引き出すことができます。

 

海外旅行などで現金が欲しい時もこのキャッシング機能を使えば解決できます。国内外問わずかなりの広範囲で支払いをカバーできるのでクレジットカードはとても便利なツールには間違いありません。しかしこの便利さが落とし穴になることがあります。

 

クレジットカードでショッピングをしすぎてしまったり、キャッシングを無計画に行ってしまった結果、思ったよりも多くの返済をしなければならなくなったという人も少なくありません。

 

クレジットカード大国のアメリカではカードを複数枚使いこなすのが普通で、あまり計画的に使わない結果利息が増えて借金がかさんでいくという人が少なくありません。アメリカほどカードが普及していない日本ですが、それでも無計画な使い方をした結果思わぬ借金の穴に落ち込むという人はめずらしくないのです。

 

便利さが強調される「リボ払い」、その実態は?

 

クレジットカードの利用をする時に返済方法を選ぶことができますが、よく使われる返済方法のひとつに「リボ払い」というものがあります。これは「リボルビング払い」の略です。どういう支払い方法かというと、翌月一回払いと違って毎月の支払いを一定の額にして、ある程度の期間をかけて払っていくという方式です。

 

リボ払いはさらに「残高スライド方式」や「定額方式」に分けることができます。残高スライド方式では、支払い残高に応じで毎月の支払額がスライドしていく、つまり変わっていく方式です。10万円未満の残高なら毎月○○円、10万以上20万未満なら○○円といったように、一定の枠内での定額をひたすら払っていきます。

 

一方「定額方式」では、残高に関係なく一定の額をひたすら払っていきます。こうして見てみると毎月無理のない少なめの金額を払っていけばいいので使いやすい!という気がするかもしれません。もし利息などなく借りた額だけゆっくりと返していけばいいのなら確かにそうなのですが、このリボ払いは落とし穴になりやすいところがあります。

 

毎月少しずつの返済という事は、すべての借金を返済するまでにけっこうな期間がかかるということです。そうするとそこに利息がどんどん発生していきます。翌月一括払いの時にはかからない手数料がリボ払いだとかかってきます。しかしそういうことに無頓着でいると、思ったよりも大きな借金を抱えていることに気づかないこともあります。

 

ショッピングもキャッシングもしている人であればなおさらです。クレジットカード会社は手数料がかせげる分、なにかとリボ払い制度を推進しようとします。ポイントが2倍になるとか年会費が半額になるといった特典にばかり目がうばわれると、知らない間に返済額が積み重なっているという落ちもあるので注意が必要です。

 

もしクレジットカードの借金が返せなくなったらどうすればいい?

 

クレジットカードの使用で借金がふくらんで返せなくなった場合は、債務整理の手順をとることができます。例えば借金が極端に大きいわけでなければ、任意整理というタイプの手続きをふんでも良いでしょう。このステップを踏めば毎月の返済総額を激減することが可能です。
例えばある法律事務所の例でいうと、4業者から総額で250万円を借り入れていたある人は、毎月約14万円近く支払う必要がありましたが、任意整理の結果その総額が32,000円ほどに減りました。債務額自体は変わらなかったものの、月々の返済が少なくなったことでだいぶ余裕が出たのです。任意整理では借金の元本自体は減らない可能性があります。

 

というのは任意整理は利息制限法で定められた20%という上限を超える高金利がクレジットカード使用時に適用されていた場合に、その余計にかかっている金利を引きなおし計算して借金を減らす仕組みなのですが、利息制限法にのっとった金利が適用されている場合はそれができません。15%とか18%といった金利は正当な金利なので過払い金は発生していないわけです。

 

ただし任意整理をすることで将来にかかる利息を免除することが可能になります。リボ払いなどで高い利息がある場合、将来の利息がカットされるだけでかなり負担は軽減されます。任意整理は裁判所を介さない債務者と債権者とのいわば示談なので、仰々しくないやり取りができる制度です。任意整理でどれくらい借金が減るかを無料診断するサービスもありますので、自分の場合について確認すると良いでしょう。

関連ページ

キャッシングの落とし穴に注意!返済に困ったら債務整理!
キャッシングは安易に使いすぎるととんでも無いことにもなりかねません。借りすぎて返済に困ったときに知っておきたい債務整理についてわかりやすく解説しています。
借金が多すぎてどうしようもない?解決方法は?
これぐらいならいいだろう…と、少しづつ使っていたつもりが気がついたらびっくりするほど増えてしまった!こんな増えすぎた借金はどうすればいいかわからない…そんな悩みの解決方法についてわかりやすく解決しています。
借金が深刻・・問題解決にはどれくらい期間がかかる?
借金が増えすぎてもう…深刻。自分ではもうどうしたら良いかわからない!!そんな深刻な借金問題を解決するにはどれくらいの期間が必要なのか、明快に解説しています。
借金が返せなくてきつい・・解決方法は?
気がついたら借金が返しきれなくなっている…どうしよう?増えすぎて返しきれない借金問題をどうやって解決すればいいのか、その方法についてわかりやすく解決しています。
借金の悩みは専門家に聞くのが早い!
法律の専門家、なんだか敷居が高いけど簡単に相談してもいいの?大丈夫!深刻な借金問題のような場合に非常に頼りになる法律の専門家への相談がどのようなものなのか、わかりやすく解説しています。
借金の計算って自分でもできる?
大きく増えてしまった借金ですが、この計算なんだか難しそう…借金の計算って自分でもできるものなのか、その方法などをわかりやすく解説していきます。
借金を整理したら一括返済できる?
借金が途方もない金額になってしまった、どうやって解決しよう…本当に深刻な悩みですよね?借金を整理したら一括返済できるのか、わかりやすく解説しています。